防炎タイプのぼりの需要が多い場所とは?

お店やお客様を守るためにも使いたい防炎のぼり

お客様の目の高さで存在感を主張するのぼり旗は、お店やイベントのアピールに効果的で大きな集客効果が期待できるものです。しかし、繊維製品であるため、火を使う場所やタバコを吸う人がいる場所などでは、火災の原因になりかねないという懸念がありました。
そこで登場したのが防炎のぼりです。防炎といってもまったく燃えないというわけではありませんが、燃えにくい加工がなされているため、火がついても一気に燃え広がることがなく、炎を遠ざけると自己消火することができるものです。
火災はひとたび起きてしまうと、建物や人名に多大な被害が及ぶものです。小さなことでも予防に関われるものは取り入れることが、お店やお客様を守ることにつながります。

こんな場所で使いたい防炎のぼり

特に防炎のぼりを使いたい場所として挙げられるのは、地下街やショッピングモールなど屋内の商業施設などです。大勢の人が集まるイベント会場などで、なかでも火を使うグルメイベントなどには必須です。もちろん外の商店街なども使っておくと安心感を増すことになります。また、ガソリンスタンドなど火気厳禁の場所でも防炎加工品がおすすめです
防炎のぼりといっても性能に差があることがあるので、きちんと加工されたものを選ぶことが大切です。日本防炎協会では、製品の防炎性能確認のために試験をおこない、品質が保証できるものには防炎性能を表示するラベルなどを発行しているので、発注や購入をする際には事前に確認して利用すると良いでしょう、